オープンウォータースキル その2 脱着編

オープンウォーターライセンスで習うスキル・・・脱着スキル

ここではオープンウォーターライセンスの海洋実習で
実際にトレーニングするスキルの続きを紹介します。

代表的なスキルはこちらでご紹介しています。

最初は難しそうに見えるかも知れませんが
それまでと同じように、足の着く浅い水深から
練習をしていきますので、数回行うことで身につけて頂けると思います。

ご不明な点は何度でもご確認下さい!

器材脱着

目的

水面・水中でスクーバ器材を脱いだり着たりする為のスキルです。

やり方

レギュレーターが外れないよう、BCを緩めたら左手から外します。
脱いだ器材を目の前に持ってきたら、右手から装着していきます。
ホースの絡みなどなく、元通り着れていればOKです。

注意点

バランスが崩れやすいので、体が安定した状態で始めて
レギュレーターが外れないよう、器材を近くで取り扱います。

難易度・・・☆☆

これが出来ると、水中で器材が絡んだり不具合があっても
水中で確認して対処できます。
やり方は数種類ありますが、まず一つ出来るようになりましょう。

ウェイト脱着

目的

水面や水中でウェイトを外したり、つけ直したりするスキルです。

やり方

動画内では2種類のやり方が紹介されています。
・バックルでない方を右手で持ち、腰の後ろで両手で持ち換えたら
腰に巻きなおします。
・バックルでない方を右手で持ち、右足の太ももの辺りにあててから
体に巻き付けるように、横に回転して腰にベルトを巻きなおします。

注意点

重りを外すことでバランスを崩しやすいので
ウェイトから体を離さないようにやります。

難易度・・・☆☆

これが出来れば、ウェイトの位置を直したり
重さを変えたりすることもできます。

基本スキルの紹介はこちらで紹介しています。

映像提供 SNSIジャパン

 

最近の記事

  • 関連記事一覧
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP