2018GW 坊津ツアー 初日

行き道途中の道の駅 18.05.04
ダイブログ
坊津
5/04 晴れ 気温 22℃ 水温 17.7~18.4℃ 透明度 7~15m

鹿児島県 薩摩半島 「坊津」ツアー

今年のGWは薩摩半島の南端にある「坊津」に
潜りに行って来ました。

空港からレンタカーで南下する事
約2時間少々、ご当地物を楽しみつつ
日本列島ほぼ最南端のポイントを目指します。

天気の良い一日ですが、風波がまだ残っていて
初日は湾内のポイントからのスタートとなりました。

1本目 双剣岩(そうけんいわ)

坊津のボート乗船 18.05.04 ハワイウツボ 18.05.04

チェックダイブらしい、穏やかのどかなポイントです。

砂地に点在する根周りで、ガンガゼに多くの
ハシナガウバウオがついてます。

本州らしい景観ですが、岩下からは
ハワイウツボサビウツボが覗いています。

ハシナガウバウオ 18.05.04 サビウツボ 18.05.04

聞いていた情報と違い、伊豆と変わらない水温ですが
中の生物は南下した甲斐のある魚たちがいました。

2本目 鵜ノ島(うのしま)

先程の湾内から外海に続くポイントで
沖に向けてどんどん深くなっていきます。

下っていくと、ジョーフィッシュの黄化個体
見れました。

伊豆でも見れる、通常の白バージョンと違い
イエローバージョンにつき食いつきがいいです。

途中のイソギンチャクには、所々にカクレエビが
ついていて、写真のアカホシカクレエビなどがいました。

ジョーフィッシュ(黄化個体) 18.05.04 アカホシカクレエビ 18.05.04

浅場でもニラミギンポが見れるとついつい
撮りたくなります。

ツートンカラーの全身もいいし
顔の模様も惹かれる、人気のギンポです。

ニラミギンポ全身 18.05.04 ニラミギンポの顔模様 18.05.04

坂を下った砂地には、広く漁礁ブロックも。

鵜ノ島のブロック漁礁 18.05.04 船の上から 18.05.04

宿やショップ、ポイントとどこも近く
着いてしまえば、GWでものんびりな坊津ダイビングでした。

お疲れさまでした。 ありがとうございました。

 横浜のダイビングショップ Dive ColorS

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。