三陸リアスの女川ダイブツアー2日目

女川ダイビング 2日目 19.08.14
ダイブログ
宮城 女川 アコ島・中ノ島
8/14(水) 曇り一時雨 気温 25℃ 水温 23.2~23.4℃ 透明度 5~10m

女川 2ボートダイブ

三陸海岸でもリアス式は南部だけのようです。
今日も女川の海をゆっくり2本潜ったら
お土産見てランチして、その後帰ります。

今までの遠征ツアーを振り返ると
そんなに遠い感じではないらしいです。

さて今日も「クチバシカジカ」をリクエストしているので
昨日と同じアゴ島からのスタートです。

三陸のマボヤ 19.08.14 リュウグウハゼ 19.08.14
マボヤ・リュウグウハゼ

風景にマボヤを入れると、女川の海の感じが出るとの事で
ホヤバックに撮りました。

ここの海では、いたって普通種のリュウグウハゼ

クチバシカジカ 19.08.14  サラサカジカ 19.08.14
クチバシカジカサラサカジカ

今日もクチバシカジカいてくれました。
昨日と違い前を向いてくれていますが、今日も奥まった所にいます。

顔が見れたのはラッキーでした。

普段が伊豆や神奈川の海なので、タウエガジ系の魚には
めっぽう弱いので、教えて頂きました。

普通にいるけど分からないのが多い、魅惑の北の海です。

潮が良くなった2日目 19.08.14 ダンゴウオ 19.08.14
(2日目は透明度アップ・ダンゴウオ

昨日から少し潮が良くなって、青さが増し
透明度もいい所で10m近く出ています。

今日も探すと結構出て来るダンゴウオ
伊豆や神奈川のように一生懸命探さなくていいのが魅力的。

たまたま撮っていた個体が捕食したりしたので
動画として最後に載せておきたいと思います。

フサギンポ 19.08.14 キツネメバル 19.08.14
フサギンポ・キツネメバル

でかすぎるフサギンポは今日も大人気
隣にいたキツネメバルが目立たない。

メバル系も普段見れないのが普通にいるのが面白い。

写真にも撮りやすいサイズなのですが
キツネメバルはフサギンポフィーバーの隣のため砂かぶってます。

アイナメ 19.08.14 エゾイソアイナメ 19.08.14
アイナメ・エゾイソアイナメ

穴や亀裂をのぞくと、伊豆ではイタチウオがいたりしますが
この時はエゾイソアイナメが。。

アイナメもエゾイソアイナメも、色合いが派手ではないけど
普通に見れるのが何よりです。

アライソコケギンポ 19.08.14 コモンフグ 19.08.14
アライソコケギンポ・コモンフグ

浅場に戻ってきても、ギンポ団地があるので
コケギンポにアライソコケギンポに
アキギンポ・イソギンポなど、ついつい探してしまう。

イシガキダイ 19.08.14 お世話になったハイブリッジさん 19.08.14
イシガキダイ

最後に今回、お世話になったハイブリッジさんの前で。
お世話になりました。 ありがとうございました。

宮城・女川遠征ツアーお疲れさまでした。
ありがとうございました。

横浜からダイビングツアー遠征 Dive ColorS

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。