ブーツ

この器材は足を保温・保護するための器材です。

ブーツのタイプ

ブーツのタイプを紹介
ダイビングで使用するブーツは
靴の形をしたソール(底)があるタイプと
ソックス型のソールがないタイプに分かれます。

これは主にストラップ用か、フルフット用として
フィンに合わせて選ぶ事が多いです。

万能タイプ ソールあり

ソールのあるブーツは、昔から一般的なダイビングブーツとして広く使われています。

ブーツと言えば基本がこのタイプになります。

ソール(底)があるので、タンクを担いで歩く
ビーチダイビングはもちろんのこと、場所やスタイルを選ばず
どこでもダイビングをする事が可能な万能タイプです。

この従来のタイプのブーツは、ストラップフィンでも
フルフットフィンでもどちらでも使用可能です。

ソックスタイプ ソールなし

一方、ソックスタイプのブーツは、ソールがない分
場所により歩いてて痛いです。

主にフルフットフィン用のブーツとして定着しています。

そのフルフットフィンは足首まで全体を包み込む形状で
細かい足の動きまで、そのままフィンに伝えるので
足にフィットしやすいソックスタイプのブーツが好まれます。

難点は岩場は特に痛かったり、滑りやすくもなりますので
その点、注意が必要になります。

しかし足にフィットするブーツと、フルフットフィンは相性が良く
泳ぎやすくなるメリットが大いにあるので
中級者や上級者に特に好まれる傾向があります。

またソックスタイプは密着性が高く
ファスナーがないので、浸水が少なく保温性が高いです。

ブーツ 比較表

 推奨フィンフィンとの相性・泳ぎやすさEN・EX保温性
万能タイプストラップフィン普通どこでも可普通
ソックスタイプフルフットフィン最高場所により厳しい高め
※EN・EX・・・エントリー・エキジット(海の出入りのこと)

ブーツの選び方

ブーツの選ぶ際の注意点は、ダイビングする場所とスタイルです。
ボートダイビングが基本スタイルであれば、ソックスタイプはとてもお勧めです。
よく歩いたりする場合は、万能タイプが無難です。

使用における注意点

ここでの注意点は、買い替えや変更を考えた場合に
ブーツのタイプが変わると、フィンも変更しなければ
いけなくなる可能性があります。

ソックスタイプと万能タイプでは、ソールの有無が大きな違いですが
これにより、外まわりのサイズが違います。

ソックスに比べると万能タイプの方が
ソールの分、厚みが増し大きくなる事がほとんどです。

ウェットスーツとドライスーツでも
ブーツの大きさが変わります。

ソックスタイプ < 万能タイプ < ドライスーツのブーツ

途中で変更する場合は、サイズにご注意下さい。