レギュレーター

この器材は水中で呼吸するための器材です。

レギュレーターの解説

特徴 その1・・・水深など環境圧に応じた空気を呼吸できる

口に咥えるだけで息を吸ったり吐いたりと、陸上と同じように呼吸できますが
その時潜っている水深に合わせた環境圧の空気が、呼吸できるようになっています。

特徴 その2・・・1stステージと2ndステージに分かれている。

レギュレーターは調整装置の意味を持っていて
1stステージ(ファーストステージ)の部分で
タンクから送られてくる、高い圧力の空気を一定の所まで下げます。
ここから更に 2ndステージ(セカンドステージ)の部分で
水深に応じた圧力の空気に調節されて、息を吸えるようになっています。

スノーケルと同じでシリコン製のマウスピースの部分を口に咥えて呼吸します。
2ndステージ中央部分に「パージボタン」と言う所があり
ここを押すと強制的に空気を出す事ができ、中に水が入った時でも簡単に排出する事が出来ます。

レギュレーターは定期的なメンテナンスやオーバーホールが必要になります。
(メーカー推奨:1年に1回)
自身の安全を守る器材ですので、気になる方はご相談下さい。
レギュレーターにも種類があります。
バランスタイプ・アンバランスタイプ・ピストンタイプ・ダイアフラムタイプなど
それぞれに利点がありますので詳しくはお尋ね下さい。

使用上の注意点

慣れるまでは口だけで呼吸する事を心掛け
少しゆっくり大きめに呼吸するようにします。

レギュレーターは水中での命綱です。
普段は口に咥えて呼吸していればOKですが、何らかの原因で口元から外れたり
水が入って来たりする可能性があります。

その場合は水中で水を抜くスキル≪ レギュレータークリア ≫や
水中で口元から外れたレギュレーターを咥え直すスキル≪ レギュレーターリカバリー ≫
を使いましょう。
安全の為に講習時は繰り返し練習しますので、しっかりマスター出来ると思います。

またレギュレーターリカバリーは「海洋実習」のページ
紹介しておりますので是非ご覧下さい。

不安がある方はファンダイブツアーでもお気軽にお尋ね下さい。
スキル練習の他にも、使用後の洗い方・保管方法・メンテナンスなど
色々と説明致します。

ページ上部へ戻る