マスク

この器材は水中世界を見て楽しむための必須アイテムです。

特徴 その1・・・鼻まで入れる

ダイビング用のマスクは水圧による締め付けに対応するため
競泳用やスキー用などのゴーグルと違い、鼻まで入れるようになっています。

特徴 その2・・・耳抜きが出来るようになっている

水圧から鼓膜を守るため、鼻をつまんで≪ 耳抜き ≫という行為が必要になるので
鼻の部分はシリコンという柔らかい素材で出来ています。

シリコン素材は顔全体に着ける部分にも使われています。
これは顔に密着しマスクの中に水が入りにくくするためです。

マスクのタイプ

主に1眼タイプと2眼タイプに分かれます。

マスクのタイプについて解説

デザインなど好みに応じて使えますが、度付きのレンズを利用する場合は
2眼タイプのみになります。

デザインとは別に合うタイプ・合わないタイプなどもありますので、気になる方はご相談下さい。

ストラップの締め具合で調節をしますがきつくても、ゆるくても
良くありませんので、海洋実習の際にはご自分で正しく調節できるように
案内しています。

使用上の注意点

マスクの中に水が入ってくる時は主に、正しい位置と付け方が出来てない場合がほとんどです。
次にストラップで締め具合を調節し、呼吸は口だけで行うようにします。
これだけで水が入りにくくなります。

水中で水が入って来る事はとてもストレスです、
ダイビングを快適に楽しめるかどうかを、大きく左右する重要部分ですので
講習時には使い方をしっかりマスターしましょう。

なおマスク内に入った水の抜き方は「海洋実習」のページ
紹介していますのでご覧下さい。

ファンダイブツアーでも心配な方はお気軽にお尋ね下さい。

ページ上部へ戻る