SPコース

SPコースでレベルアップ

スキルアップをして色々な潜り方に対応できるように
スペシャリティコース(SPコース)のプログラムがあります。
ダイビングの上達をする事で、更に楽しく安全に潜れるようになりますので
各SPコースの概要をご参考頂き、ご自身のレベルアップにお役立て下さい。
もっと詳しい内容を知りたいなど、気になる所などございましたらお問い合わせ下さい。

ボートダイビング

ボートダイビングSPボートダイビングにおける基本や注意点を学びます。
リゾートばかりでなく神奈川や伊豆のボートダイビングも
魅力満載です。
船によって大きく違うので事前に対応出来るようにしましょう。

 

ディープダイビング

ディープダイビングSP最初は浅い海しか潜れないですが、徐々に深い海も安全に潜れる
ようになりたい人のためのコース。
水深18mより深いポイントは沢山あります。
ディープダイビングの危険性を把握して、安全に戻れるスキルを磨きましょう。

 

ドライスーツダイビング

ドライスーツSP日帰りツアーの基本はドライスーツ
着方から使い方まで全般身に付けます。
ドライスーツで上手に潜れるダイバーは、どの海でも
楽しめる実力を身に付けているでしょう。

 

器材テクニック

器材テクニックSPダイビングは器材に依存するマリンスポーツです。
器材の正しい使用方法など実際にはあやふやな事も多くあります
メンテナンスや保管・カスタマイズなど自分の器材を知る事で
安全管理・自己管理につなげましょう。

 

ナイト/視界不良ダイビング

ナイト・視界不良SP夜の海は日中にはない危険性が沢山あります。
水中ライト使用から正しい潜り方を身に付けましょう。
視界の悪い昼間のダイビングでも同等の経験が身に付きます。

 

ナビゲーションダイビング

ナビゲーションSP方向把握など水中でのナビゲーション能力がつくと
より落ち着いて潜ることができます。
何か起こってしまった時でも安全に移動できる・戻ってこれる等
ナビゲーション力がつくとより安心です。

 

サーチ&リカバリー

サーチ&リカバリーSP捜索と回収のSPコースです。
ナビゲーションSPの認定ダイバーが対象となります。
器材を使って捜索や回収・引き揚げなどを行い
スキルアップしましょう。

 

ストレス&レスキュー

ストレス&レスキューダイビングをもっと楽しめる様になる為にはストレスの軽減から。
自分が感じる水中でのストレスを認識して対処法を見つけましょう
またレスキュースキルを知る事でバディの手助けができたり
レスキューされる事のない強いダイバーになれるでしょう。

 

デジタル水中写真

水中写真SPデジカメを持ってもっとダイビングが楽しくなったと言えるように
セッティングから水中における使用方法などを色々と
覚えて行きましょう。

 

波・潮・カレント

波潮カレントSP流れを利用したドリフトダイビングの潜り方を身に付けましょう。
主にボートダイビングの場合が多いため、ボートダイビングSP
を事前にご取得下さい。

 

レックダイビング

レックダイビングSP海底に沈んだ船の周囲を潜る事をレックダイビングと言い
国内外に多くのレックダイビングポイントがあります。
特有の注意点や危険性を認識した潜り方を身に付けます。

 

パーフェクトボイヤンシー

中性浮力SP中性浮力の向上を目指しましょう。
水中での浮力調節が上手くなる事でバランスが良くなり泳ぐのが
楽になり無駄な空気の消費を抑える事が出来ます。

 

ダイビングサイエンス

サイエンスオブダイビングSPダイバーとして知っておきたいダイビング全般の知識の向上を
目標とし、ダイビングに必要な減圧理論や器材と物理学や
生理学などの海の知識をつけて、安全管理の能力を高めましょう

 

コンピューターダイビング

SPダイバー

今や必須と言えるダイブコンピューターを使って正しい使い方や
自己管理の方法を身に付けます。
潜る水深や時間など潜水計画を立てて、ダイビング時のリスクを
自分でもコンントロール出来るようにしましょう。

 

エンリッチド・エア・ナイトロックス

ナイトロックスSP普通の空気ではなく酸素や窒素の比率を変えた人工空気を
使って潜るダイビングで、主に潜水時間や水深や減圧方法など
その時に応じた潜り方を学びます。

 

スペシャリティコース(SPコース)はご自身の方向性に合わせてお選び頂けます。
コース内容の詳細につきましては、それぞれに内容が違いますのでお問い合わせ下さい。

 

ページ上部へ戻る