OWD 学科講習

OWDライセンスの学科講習の内容紹介

オープンウォーターダイバー学科講習の概要

学科講習はショップ内にて約3時間を2回にわたり行います。

事前にお渡しするマニュアル(教材)を中心に、ダイビング器材や
ログブックや補助教材などを使用して実践を意識した講習をしています。

マニュアルは1~6章に分かれていて
ここで各章の大まかな内容を掲載しています。

第1章 ダイビング器材

ダイビング器材の必要性について学びます。
名称や使い方・身に付け方や調節の方法などについて把握します。

スノーケル器材やスクーバ器材・スーツなどの各器材を知り
基本的な使い方を学んで頂きます。

第2章 ダイビング器材の使い方

スクーバ器材のセッティング方法や、水中で使う際の注意点などから
正しい使用方法を覚える事で安全に潜れるようになります。

また起こりやすいトラブルを想定して、器材を使った対処法を覚えます。
この1章と2章を合わせて、ダイビング器材全般についての知識を身に付けます。

また器材の保管やメンテナンス方法などについても学びます。

第3章 体の機能と水中環境

水中を潜るという事に、どういう危険性があるのかを認識し
リスク回避・トラブル対処について学ぶ重要部分です。

体のつくりや陸上と水中の環境の変化について
安全に潜れるようになる為の必須事項を覚えて頂きます。

第4章 ダイビングの計画と実施

ダイブコンピューターを使って安全な潜水計画を立てれるよう
自己管理の方法をについて学びます。

潜水病とも呼ばれる圧力障害の減圧症から身を守るために
潜水中・潜水後と予防方法を覚えて頂きます。

第5章 水中の世界

フィールドになる海の動きや変化、水中生物などについて学びます。

波や流れ・干満などについて学び、海洋実習時にも
実際に見られるような危険生物などについて詳しく見て頂きます。

海況や生物について知る事で楽しさや安全性が向上します。

第6章 ダイビング経験と継続教育

ライセンスを取得された後の、その後の事について学びます。

もっと楽しく安全性を高められるよう、SPコースやランクアップの紹介や
スクーバスキルズアップデートなどについてご紹介していきます。

学科講習・海洋実習と終わりましたら最後に50問の選択問題のテストがあります。

合否は出ますが、ライセンスを取れなくなるような事にはなりませんのでご安心下さい。
必ず合格までもっていきます!

OWDライセンスのページに戻る

 

ページ上部へ戻る