ダイビングの適正ウェイトと目安

浅場でウェイトチェック

今回は適正ウェイトについてです。
自分にとって丁度いいウェイトの重さは、前回の中性浮力や楽に安全に潜る為に必要な重要項目です。

ただ人により必要なウェイトの量は違います。
器材や体格などの違いや、ダイビングスタイルやポイントなど状況や経験によっても変わる為です。

適性ウェイトの量を左右する主な要素

器材・・・スチールタンクもしくはアルミタンク・スーツ(ドライスーツの場合はインナー・ウェットスーツの場合は厚さや形状など)

それ以外・・・経験・ダイビングポイント(ビーチかボートか遠浅かなど)や潜り方(ドリフトか写真かなど)

細かい要素はまだまだ沢山あるのですが、基本はアルミかスチールのどちらのタンクで潜るのか?
後は着用するスーツの浮力を目安に、この2点を考えておけば大体は大丈夫です。

潜降できるかどうかを気にする事が多いですが、中性浮力がとりやすいかどうかもとても重要です。

適性ウェイトの目安

器材を装着し水面で息を全部吐くとゆっくり沈み始める位で
息を吸うと顔が半分出るくらいと言われています。

平均身長・平均体重の人が、スチールタンクと5mmのフルスーツで潜る場合は、2~4kg位で潜る人が多いです。

アルミタンクで潜る場合や、ドライスーツになる場合はそれぞれ2kg増やします。

他にインナーやアウターを追加した場合や、遠浅な海や体が大きめな人はそれぞれ1kg増やします。

潜降が苦手な方や、水底で写真をゆっくり撮りたい方や、ブランクがある方や、1本目のチェックダイブの方などは
更に1kg増やした方がいい場合もあります。

他にも参考になる計算表があります。 適性ウェイトの計算表

ウェイトチェックの必要性

ウェイトは必要な人が適度に付ければいいのですが、必要なければないに越したことはありません。

付け過ぎてしまう事で、危険に繋がる可能性も出て来ますので、出来るなら事前にウェイトチェック
をする事をお勧めします。

ツアーの際など、ご確認されたい場合はご相談下さい。

またこちらではウェイト自体について解説しています。 ウェイトベルトのページ
重くなる場合は分散して潜ると楽になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る