グローブ

この器材は、手の保護と保温の目的で装着します。

グローブの種類

グローブの種類について紹介

ダイビング用のグローブは、大雑把に夏用・冬用とあり
シーズンに合わせて使い分けていきます。

春・夏・秋用の3シーズン向けや
中間のタイプなどもあります。

夏用のグローブ

マリングローブともよく言われ、普通のタイプになります。

海ではケガもしやすいので、暑い時でも保護の意味で
グローブの装着をお勧めします。

ですが海外などには、保護区などの関係で
グローブの着用が禁止されている所もあります。

冬用のグローブ

寒い時期に使うグローブは、必然的に分厚いグローブとなります。

厚みがあるほど細かい作業がしづらくなります。

レジャーダイビングでは、あまり細かい作業はしませんが
デジカメを想定する人は、操作に困らない範囲のもので
検討するといいでしょう。

冬用のウィンターグローブだけは、脱着の際に力ずくでなく
正しいやり方を確認しておくようにしましょう。

使用上の注意点

水中ではロープや岩など、色々なものを触ったりする事が多いです。
海の中には毒をもった生物がとても多く、グローブの表面には
目に見えずらい付着物が沢山ついています。

そのため海から上がった後も、グローブで顔を拭いたりしないようにしましょう。

ページ上部へ戻る