ゲージ

ここではスクーバ器材の「ゲージ」について説明しています。

ゲージとは、残圧計をはじめとした、コンパスや水深計などの計器類の事を言います。

しかしダイブコンピューターの普及した今では、ゲージ=残圧計と思われる事が多く
安全の為にゲージの確認=残圧計で空気の残量の確認
というのがほとんどです。

残圧計のみや、水深計なども一緒にセットしたタイプもありますので、以下で紹介しています。

特徴 その1・・・アナログタイプが多く、左手側にセットする

現在ではデジタルタイプの物もありますが
多くはアナログタイプで見やすさを重視した物が多い。
一般的にセッティングする際、左手側にゲージがくるようにセットします。

特徴 その2・・・残圧計のみかコンパス・水深計を追加した種類がある

ゲージの種類を解説

ゲージには残圧軽のみのシングルゲージ・コンパスや水深計を組み合わせた2連ゲージ
更に3つ全部を組み合わせた3連ゲージが主にあります。

ダイブコンピューターの発達により、残圧計のみのシングルゲージを使う人が
多くなりました。
これはダイブコンで水深を確認する人が増えた為です。

2連ゲージでは主にコンパスを組み合わせて、方角の確認をゲージにて行います。

3連ゲージは使う人が少なくなりつつありますが、水深計も組み合わせているので
ゲージで安全確認をする際に、残圧・水深・方角をまとめて確認する事が出来ます。

シングルゲージ ・・・ ダイブコンピューターとコンパスをそれぞれに所持していれば
このタイプでも十分です。
重量が軽く必要最低限で良いという方であれば、このスタイルを推奨しています。

2連ゲージ ・・・ 使い勝手やコストパフォーマンスの面で
多くのダイバーがこのスタイルで潜っています

3連ゲージ ・・・ 色々と確認できて予備もあった方が安心という方は
このタイプでもいいかも知れません

種類によっては、デジタルタイプの物や2連ゲージでも残圧計+水深計であったり
ダイブコンピューターと組み合わせたりと色々とあります。

必要性に見合うタイプを装備しましょう。 悩む方はご相談下さい。

使用上の注意点

こまめに確認して空気がどの位残っているかを常に把握しておきましょう。
休憩中などは空気を流しっぱなしにせず、圧力を抜いておきましょう。

残圧計はタンク内の空気の圧力を測定するため、ホースを通じて
高圧の空気がそのまま流れて残りの空気の量を示します。
その為、高圧ホースの部分に強い衝撃が加わった時に破損したり
何かの原因で空気漏れが起こった時などトラブルを予防するために
休憩中など使っていない時は圧力を抜いておくようにしましょう。

水圧に耐えれるようコンパスもスクーバ用の物を使いましょう。

水中での空気漏れは命の危険に関わります。
自己責任でしっかり確認できるようにしましょう。
エア切れ時の緊急スキルは「海洋実習」のページで紹介していますので
良ければご覧下さい。

ファンダイブツアーでも気になる事などありましたら、お気軽にお尋ね下さい。

ページ上部へ戻る