フィン

この器材は効率良く楽に泳ぐためにあります。

フィンには主に、ストラップタイプとフルフットタイプの2タイプがあり
それぞれに素材がプラスチック製かゴム製で出来ているかに分かれます。

それぞれに特徴がありますので、ダイビングスタイルやニーズに合う方を
使われる事をお勧めします。

フィンの種類の紹介

ストラップタイプ

ダイビングブーツを履いたうえに装着する構造になっています。

神奈川や伊豆ではビーチダイビングがメインになり
タンクを背負って岩場を歩く機会が多いです。

その為、足を傷めないようブーツをしっかり履いて
ストラップフィンを使うのが一番無難です。

着脱の際には、毎回自分のサイズになるようストラップを調節をする必要があります。

ただしウェットスーツでもドライスーツでも、オールラウンドに使いまわせるのが
このタイプの特徴です。

またデザインが豊富です。

フルフットタイプ

靴のようにすっぽりと足に履いて使います。

フィンを履くと足首の先全体が覆われるため、足の一部として
泳ぎに合わせた推進力が伝わりやすいです。

靴のようにサイズが固定されているので、ブーツに合わせて
サイズを選ぶ必要があります。

なお、素足でも履けますが、保護の意味として、ソックスタイプや
普通のブーツなどを履いてから、装着するのをお勧めしています。

デザインは単色の物が多いです。

素材が主ににプラスチックとゴム(ラバー)の2種類に分かれます。

プラスチックタイプ・・・重量が軽めで、デザインやカラーバリエーションが多彩です。

ゴム(ラバー)タイプ・・・重量が重めで、しなりが効きます。
カラーバリエーションンはありますが、単色の物が多いです。

※ 固さ・柔らかさ・大きさ・長さなど色々なタイプがありますので
ニーズに合う物をご相談下さい。

使用上の注意点

フィンを装着した後は、前向きに歩くと転びやすくなります。
横歩きなどで安全に海に出入りしましょう。

フィンキックの仕方によって、泳ぎやすさ・足の負担・推進力などが
大きく左右しますので、海洋実習では意識して慣れていって頂ければと思います。

フィンの使い方ひとつでダイバーとしての安定感が違います!

ファンダイブツアーでも疑問点などございましたらお気軽にお尋ね下さい。

ページ上部へ戻る