ダイビング器材の紹介

ダイビング器材について

スキューバダイビングには水中に潜るという特殊な環境に適応した
専用の器材が必要不可欠となります。

ここではそれぞれの器材の必要性についてご紹介し
さらに器材一つずつを細かく説明していきます。

スクーバ器材(重器材)

・ BCジャケット・・・水面や水中で浮力調節の為に使います。 水面ではライフジャケットの代わりにもなります。

・ レギュレーター・・・水中で呼吸する為の器材 水圧に応じて調節された空気を吸えるようになっています。

・ オクトパス・・・予備の呼吸器材

・ ゲージ・・・残圧計で残りの空気の量を確認します。 その他コンパスなどが付いているタイプもあります。

・ ダイブコンピューター・・・減圧症という圧力障害から身を守るための器材

・ タンク・・・空気の入れ物

・ ウエイトベルト・・・水中を潜りやすくするための重り

スノーケリング器材(軽器材)

・ マスク・・・水中を見るための器材

・ スノーケル・・・水面で楽に呼吸するための器材

・ ブーツ・・・足の保護

・ グローブ・・・手の保護

・ フィン・・・楽に泳ぐための器材

・ ウェットスーツ・・・主に暖かい海用のスーツ

・ ドライスーツ・・・主に寒い海用のスーツ

・ メッシュバッグ・・・器材をまとめて入れるバッグ

この他にもアクセサリー器材やレスキュー器材などと言われる物もあります。

水中ライト・レスキューブイ・曇り止め・水中スレート・ウェイトベスト・フードベスト・ボートコートなど

 

ページ上部へ戻る