小笠原ツアー 2日目 ケータ遠征

マグロ穴を下から 170910
小笠原 父島
9/10 晴れ 気温 31℃ 水温 25.5~25.9℃ 透明度 30m

今日も天気・海況共に穏やかで申し分ないです。

小笠原初日はマクロの楽しい一日でしたが、かわって2日目は
リクエストのケータ遠征に連れて行ってもらいました。

1本目 後島 パート2

洞窟内にエイ 170910 洞窟内でカッポレ 170910 クマノミ 小笠原型 170910
洞窟内にエイ・カッポレ・小笠原型クマノミ

エントリーしたらちょっとしたケーブがあり、中にはエイやタテキンがいて
カッポレが出入りしています。
沖に出ていくとオグロっぽいメジロザメがウロウロしていたり
ドロップオフ沿いに、クマノミのペアがいました。

小笠原のクマノミなので、尾びれが白くて真っ黒なタイプのクマノミです。

タテキンのペア 170910 メジロ 170910 スミツキゴンベ 170910
タテジマキンチャクダイのペア・メジロザメ・スミツキゴンベ

小笠原にはメガネとベニと、このスミツキゴンベが沢山見れます。

2本目 マグロ穴

ケータ遠征記念 170910 イソマグロ 170910 コクハンアラ 170910
ケータ列島をバックに・イソマグロ・コクハンアラの成魚

ケータ遠征で有名なポイント「マグロ穴」です。

だいぶイソマグロはいなくなってるとの事で
小規模な群れでしたが泳いで行きました。

潮流がけっこうある行き道の途中には、バラハタやコクハンアラの成魚など
大きめのハタがゴロゴロいて、流れに逆らってカメも
ゆったり泳いでいました。

フチベニイロウミウシ 170910 ネムリブカ 170910 マグロ穴 170910
フチベニイロウミウシ・ネムリブカ・マグロ穴エキジット

戻りはゆっくり流されつつ、ウメイロモドキやタカサゴなど
綺麗な群れを楽しみながら上がりました。

遠征の道中、〇〇ウォッチングは叶いませんでしたが
連れて行ってくれたことに感謝です。

お疲れさまでした。 ありがとうございました。

 

横浜のダイビングショップ Dive ColorS

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る