串本ツアー2017 遠征2日目

串本ツアー2日目 17.08.12
串本
8/12 晴れ 気温 31℃ 水温 27.8~29.2℃ 透明度 7~13m

串本遠征ツアー2日目は、終日3ダイブで住崎・備前・イスズミ礁
を潜って来ました。

日がたち更に穏やかになりました。 透明度も少し回復です。

1本目 住崎

ナガサキスズメダイの幼魚 17.08.12 イシガキダイ 17.08.12 タテジマキンチャクダイの子供 17.08.12

ナガサキスズメダイの幼魚・イシガキダイのペア・タテジマキンチャクダイの幼魚

1本目の住崎はアザハタエリアのキンメモドキの大群が凄かったです。
昨日も沢山群れてましたが、ここのキンメの群れ方は規模が違いました。

2本目 備前

アジアコショウダイの幼魚 17.08.12 ヒレグロコショウダイの幼魚 17.08.12 アカマダラフサカサゴ 17.08.12

アジアコショウダイの幼魚・ヒレグロコショウダイの幼魚・アカマダラフサカサゴ

2本目の備前はコショウダイの幼魚にはまりました。

根沿いの水底にアジアコショウダイの幼魚がクネクネ泳いで
すぐ側にヒレグロの幼魚までクネクネしていました。

3本目 イスズミ礁

ゾウゲイロウミウシ 17.08.12 チータウミウシ 17.08.12 イガグリウミウシ 17.08.12

ゾウゲイロウミウシ・チータウミウシ(マダライロウミウシ)・イガグリウミウシ

3本目のイスズミ礁では、トンネルをくぐり根沿いに今度は
ウミウシが見つかり始めると、何個体か近くにポツポツいました。

チョウチョウウオのクリーニングポイントもあるので
根のあちこちで小群れのチョウチョウウオが泳ぎ回っていました。

ハナグロチョウチョウウオ 17.08.12 ダイビングを終えて記念に 17.08.12

ハナグロチョウチョウウオ

今回の串本遠征ツアーも最高に楽しめました。

串本はサンゴの群生もあるし、隙間にはメガネゴンベがいたり
伊豆ではなかなか見れない、南の生物が多く観察できたりで
本州最南端を満喫できるダイビングでした。

帰りは熊野で世界遺産の神社に寄って行ったりで
海も陸も、また行きたくなる魅力満載でした。

お疲れさまでした。 ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ Dive ColorS

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る