15.06.13 IOPサンセットダイブ

ヤマドリ 150613

天気:晴れ/曇り 気温:27℃ 水温:17.6~19.9℃ 透明度:5~15m
ダイビングポイント:IOP

シーズン中に数回、開催されるサンセットダイブという夕暮れに潜るダイビングのリクエストがあり、IOPに行って来ました。

横浜駅集合のスタートを遅めにして、お昼に到着してから日中に1ダイブ
夕暮れに1ダイブのゆとりのあるツアーです。

1本目はブリマチ方面へ

今出ている、ネコザメやムラサキウミコチョウを見てから、サメ狙いの砂地へ

ネコザメ 150613 ムラサキウミコチョウ 150613 ナガレミタガレイ 150613

20m位の所はきれいですが、浅場から中層までの透明度がイマイチだったので、あまり広く探せず大きめの生物は厳しかったです。

2本目はサンセットですが、まだ明るい前半部分は「1の根」に根付くハナタツベニカエルアンコウをしっかり観察してから狙いのヤマドリを探します。

少しずつ暗くなってくると、ヤマドリがそわそわと出て来てメスを探し始めます。

ハナタツ 150613 ベニカエルアンコウ 150613 シャコのなかま150613

メスの個体に出会うと、鰭を広げたり羽ばたいたりと、求愛を始めて産卵を促します。

合意が得られれば、2匹がくっついたまま浮上していき、産卵にいたります。

個体や環境など産卵まで行ける個体と、うまくいかない個体がそれぞれなので運にも左右されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る