ダイビングに使う単位について

ダイビングや海で使われる単位について紹介

ダイビングで使われる単位について

今回はダイビングの時や海において使われたり
耳にする事がある単位についてです。

良く聞くのは主に、BAR・m・kgなどですが
海外へのダイビング旅行や、海外メーカのレンタル器材などでは
psi・feet・pondなどの表記や、ブリーフィングなどがあったりします。

重さ・ウェイトについて

1ポンド=0.4536kg

普段はkg(キログラム)の表記で、ウェイトベルトを付けていますが
ポンド(pond)の場合は、2ポンドで約900g(0.9kg)になります。

深さ・水深について

1フィート= 0.3048m

普段はm(メートル)表示のダイブコンや水深計を見ています。
フィート(feet)の場合は、1フィート=約30cmですので
10フィート=3m  5mでの安全停止は16~17フィート
50フィート=15m  100フィート=30mです。

圧力・残圧について

1Mpa=10bar=145psi

普段使っている、残圧計やタンクはバール(BAR)表記で
新しい年式のタンクは、Mpa(メガパスカル)の表記もあります。
200気圧のタンクは、200bar=19.6Mpa

海外の残圧計で、BARではなくpsi(ピーエスアイ)表示の物があります。
50bar=750psi
70bar=1000psi
200bar=3000psi

50気圧まで下がってくれば、レッドゾーンの表示で分かると思いますが
psi表示の残圧計で潜る場合は、1000psiを切ったら
浮上の準備を始めれるようにしたい所です。

潮流など速さについて

1ノット=時速1.852㎞=1海里

1ノットの潮流があるという事は、1秒間で50cm進みます。

1ノットで泳ごうと思ったら、結構なダッシュです。
(すぐに疲れる速さです。)

ダイビングでは、0.5ノットの流れがある場合は
十分に注意が必要だと言われています。

流れの早いドリフトポイントなどは、泳いでも全然進めない
1ノット以上出る所もザラにあります。

距離や長さについて

1マイル=1760ヤード(yard) =1609.344メートル

 普段はmやkmなどの表示に親しんでいます。

尚、マイルには種類があり、よく聞く陸上の距離や
海や空でのマイルがあります。

海でのマイル=ノーティカルマイル (nautical mile)は
1海里 =1852メートルになります。

 

以上が比較敵によくある、ダイビングで使われる単位や表記についてでした。、

 

横浜駅からダイビングツアーへ  Dive ColorS

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る