見れて良かった小笠原生物の紹介

宿からの風景 171230
ブログ

2017年も僅かとなりましたが、今年も潜りに来て頂き
ありがとうございました。

台風が多く影響も受けましたが、楽しい海時間を過ごす事が出来ました。

今年も年越しダイブで終えて、また始められることに嬉しく思います。

2018年もよろしくお願い致します。

よいお年をお迎えください。

 

さてここからは、今夏に行った小笠原ツアーで、見れて良かった生物や
また見たい生物のまとめを残しました。

カツオドリ

カツオドリ 171230

往復のおがさわら丸から見れる定番の鳥で
往路で見えてくると、島が近づいてきてる感じで余計に到着が待ち遠しくなる。

海に飛び込んで餌を取る姿が勇ましく、暫らくの時間眺める事ができるので
近くを飛ぶときについつい撮りたくなる。

これは携帯で撮った一枚。

クマノミ

クマノミ小笠原型 171230

なんだクマノミかと思ってしまうが
どのポイントでも見る訳ではなく、見ないポイントの方が多かった。

クマノミと言っても小笠原型で、黒っぽいのが特徴で
普段、伊豆で見るような茶色っぽい部分がない!

身体に入る白い線を除けば、非常にまっくろ。

個人的には別種と言われても不思議に感じないほどです。

クマノミガイドブックには、生息密度が低い事が
関係しているそうです。

なんだ、クマノミか。。と思わず、もっと撮っておけば良かった。

ミナミイスズミ

イスズミCV1 171230 イスズミCV2 171230 イスズミCV3 171230

普段はそこまで注目しないけど
こうもカラーバリエーションを出してこられたら
非常に目を惹く魚に変わってました。

普段はグレーの地味な魚です。

スミツキゴンベ

スミツキゴンベ 171230

固有種ではないですが沢山います。

沖縄などにもいるようですが、多くはいないので
あまり気になりません。

しかし小笠原には気になるほど、至る所で見かけました。

たまに寄れる個体がいるので、また楽しみたいと思います。

キュウセンフエダイ

キュウセンフエダイ 171230

ヨスジフエダイに混ざって群れを成す魚

他にも混ざると言えば、ニセクロホシフエダイなどもいますが
今回はこれが目立ってました。

ヨスジフエダイだと、黄色い体に水色のラインが入りますが
この種は白地に黄色のラインです。

さらに太いラインの間に細いラインが入ります。

ヨスジフエダイ自体が、リゾート各地で良く見る群れ魚なので
同居魚を見るのが楽しいです。

オビシメ

オビシメ 171230

小笠原ならではのブダイです。

始めて見たブダイなので飛びつきました。

図鑑には他にも分布図が記載されていましたが
固有種として紹介されました。

伊豆ではアオブダイが良く見られる個体ですが
形も大きさも似ています。

写真の個体はオスになります。
黄色いぶっといラインが特徴です。

機会があれば、まっ黄色のメスや幼魚なども見たいですね。

フィコカリス・シムランス&まだ未記載種のエビ

フィコカリス・シムランス 171230 まだ名無しのエビ 171230

マクロを楽しめるポイントに行けば甲殻類も楽しかったです。

左がフィコカリス・シムランスで、ちっちゃい毛玉みたいなエビです。

場所によりカラーバリエーションも豊富です。

右のエビはまだ名無しのようで、決まったら記載したいと思います。

ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ 171230

沖縄では普通種、伊豆でも季節来遊漁ですが普通種です。

幼魚はかわいいまっ黒けボイディに白い水玉をもちます。

成長して来ると、黒からだんだんグレーな体に変わっていき
かわいさが減少していきます。

写真の個体は、背ビレの付け根に黄色い模様がありまして
普通種の割に見れる機会が限られていたので
なんども見ておきました。

沈船ポイントの窒素が気になる状況のなか
活発なタイプで非常に撮りづらい個体でした。

ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ 171230

ダイビングでは普通種で定番な魚です。

これも沈船ポイントで、非常にでかく顔面の模様や雰囲気が
普段見る物と違うと感じ撮りました。

伊豆で見るミノカサゴはきれいですが
ここで見るハナミノの老成魚は中々の佇まいでした。

ヒトスジギンポ

ヒトスジギンポ 171230

亜熱帯では普通種のギンポ

ヒトスジギンポは目から続く黒い太いラインが
尾ビレの方まで伸びる個体も多いですが
これは途切れて黒斑のような模様になっていました。

どういう違いなのかなと暫らく眺めてました。

なおこの違いは小笠原に限った事ではありません。

ミナミハンドウイルカ

ハンドウイルカの群れ 171230

伊豆諸島や小笠原諸島でイルカと言えばこのイルカ

水面休息中に発見し、船を寄せてドルフィンスイム

この時はよく遊んでくれました。

遊ばれていたのか、暫らくしてメンバーの体力が
尽きてきたのを見ながら、ゆっくりと泳ぎ去っていきました。

透明度の良い海でのドルフィンスイムがまぶしかったです。

シロワニ

シロワニ 171230

おとなしい性格と言われる強面のサメ

小笠原でサメと言われればこれを想像する人が多いはず。

良い体つきをしていて、接写が可能な人気のサメです。

小笠原なら毎回見たい生物です。

ちなみにログはこちらです。
小笠原ツアー初日

 

また今後も追加できればと考えています。

 

横浜のダイビングショップ  Dive ColorS

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。