BCジャケット

この器材は浮力を調節するための器材です。

特徴 その1・・・水深何mでも適切な浮力へ調節が出来る

スクーバダイビングは水面から水深39mまで様々な水深に行く事が出来ますが
水深により水圧の影響が変化する為、ダイバー自身の浮力が変化します。
BCジャケットを使用する事で、その都度適切な浮力に調節して
楽で安全に水中を泳ぐ事が出来るようになります。

特徴 その2・・・水面で浮力を作りライフジャケットのように出来る

ダイビングでは海に飛び込んだ直後など
水面でトラブルに見舞われる危険性があります。
水面で水を飲んだり溺れたりしないよう、BCジャケットに空気を入れて
安全な浮力を確保する事によって楽に浮いていられるようになります。

タイプが主に3種類

BCジャケットの種類

ジャケットタイプ・・・ジャケット全体に空気が入り、浮力に余裕があり
フィット感やバランスにおいて定評のあるタイプです。

フロントアジャスタブルタイプ・・・前面でサイズの調節がしやすいため
脱着がしやすくウェットスーツでもドライスーツでもオールランドに
対応しやすいスタンダードタイプです。

バックフロートタイプ・・・背中の部分にだけ空気が入る為
空気を入れた時の締め付け感が少なく、水平の姿勢になりやすい反面
垂直の姿勢になりにくい場合があります。

使用上の注意点

空気の入れ方・空気の抜き方をしっかり把握し、事前にチェックしておきましょう。
空気を抜く時には上体を起こすなどコツがありますので
タイプに合わせた使用法を確認しておきます。
スクーバダイビングには中性浮力という浮力を調節するスキルが必須で
BCジャケットを状況に合わせて使う必要があります。
安全なダイビングを行うために非常に重要な器材となっています。
中性浮力の取り方は重要部分ですので、講習時には使い方を
しっかりマスターしましょう。

中性浮力のとり方は「海洋実習」のページで紹介していますので是非ご参考下さい。

ファンダイビングツアーでも心配な方・上達を目指したい方はお気軽にお尋ね下さい。

 

ページ上部へ戻る